banner

口座が三種類ある事でそれぞれスプレッドが違う

ヒロセ通商という会社には、口座が3種類存在します。3種類ある上に、それぞれルールなども色々と異なっている点があります。

恐らく皆様の多くは、ヒロセ通商にご興味をお持ちかと思います。そしてヒロセ通商のスプレッドなどにもご興味をお持ちかもしれません。

実はヒロセ通商をインターネットで調べている方は、スプレッドを気にしていらっしゃる方が多いそうなのです。実際私も、ヒロセ通商はかなり興味深いスプレッドを採用していると思います。

ポイントは、やはり口座が3種類存在する点です。3種類存在するゆえに、それぞれの口座毎にスプレッドも色々と異なっている一面が有るのです。

ところでスプレッドとなると、やはり米ドル辺りを参考にする方が多いのではないでしょうか。実際、私も米ドルを気にする方です。普段から米ドルを用いて短期売買で取引をしているからです。

それでは、ヒロセ通商の米ドルのスプレッドは幾ら位なのでしょうか。正直、それは口座によって異なります。

まずHirose-FX2という口座の場合は0から2なのだそうです。単位はPipsです。ゼロというのは少し意外と思われたかもしれません。しかし、現時点のヒロセ通商からは確かにそのように公開されています。

そして「幅が広い」のにもお気づきになられたかと思います。最小で0であり、広がれば2という事なのだと思います。ちなみに、2Pipsという数字は、他のfxキャンペーン比較すると広い方ではあります。

0という数字は正直驚異的かなとも思います。

かなりスプレッドが狭い口座がある

次にHiroseTraderという口座の場合は、多少固定されているようです。米ドルは0.8銭となっています。

実は0.8銭という数字は、他社と比較をしてもやや広い方です。色々な会社を比較すると、大体0.6銭ぐらいが広いか狭いかの分かれ目だからです。それと比較すると、やや広い方ではあります。

ところがLION FXという口座ですと、かなりスプレッドは狭くなります。現時点では、0.4銭のスプレッドとなっているのだそうです。

前述のように、平均値は0.6銭です。それと比較をしても、かなりスプレッドが狭い方なのがお分かりになるかと思います。

では米ドルを見てみたついでに、ユーロ円も見てみましょう。

まずHirose-FX2からです。現時点では、2Pipsから4Pipsです。さらにHiroseTraderの場合は、3.5Pipsなのだそうです。さらにLION FXならば0.9Pipsとなります。

これらを見てみても、明らかにLIONが最も狭い事が分かります。

ところで0.9Pipsという数字は、他のFX会社と比較をすると果たして高い方なのでしょうか。私は0.9ならば狭い方かと思います。

つまりヒロセ通商の場合はLION FXではかなり安価な手数料にて提供をしているのが特徴という訳です。ただし、その分取り扱っている通貨ペアも限られてくるものです。スプレッドが狭い反面、取引対象は限られてくるのはデメリットかもしれません。

もっともメジャーな通貨で取引を希望しているのでしたら、取扱い通貨ペアの数はあまり問題にはならないかなと思いますが。

FXなら初心者もアクティブトレーダーも「みんなのFX」
FXなら初心者もアクティブトレーダーも「みんなのFX」

Copyright(c) 2013 FXのスプレッド手数料をうまく立ち回って利益を出そう All Rights Reserved.